スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

黒白ムーハくんと、白い子。

七三分けに、鼻に3つポチのムーハくん。
ムーハと白い子
隣の白い子、名前を確認してくるの、忘れました・・・
ナミちゃん、のような気がします。

2匹とも、私のデジカメのストラップを揺らしたら、目で追ってました。
ほんとうは、じゃれついて遊びたい年頃なんだろうな、きっと。

この子を含め、まだ1歳になってないと思われる、若い子も数匹います。
こういう子たちは、普通のおうちに行けば、
きっと慣れるのも早いと思うのです。

きのうの記事の、おなかのゆるい子は、明日病院に連れて行くそうです。
連休で、動物病院もお休みだったのですね。
早く体調が良くなることを願っています。
スポンサーサイト
2008-10-13(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

疑問です 

あなたはこの猫たちのために
ブログを始めただけですか?

とても窮屈そうな写真・・
ケアされていないような様子・・
個人のお宅でたくさん預かるって
無理があると思います

あなたは何匹か預かれないのですか?
M浦さん、G藤さんはなぜ預からないのですか?
(K池さんはだめですよ)
3人が3匹ずつでも預かったら
今の窮屈なケージがもう少し広くなって
個人でがんばっている方のお世話も楽になって
猫たちのケアが少しでも出来るんじゃないかと思います

手術や、検査が済んでいない子もいるし
今がんばっているよそ団体に
預かってもらおうと必死にアピールかも
しれないけど
もっと自分たちで努力したらどうですか。
そもそもパルボがでた団体のこなんだから
ちゃんと検査しないとよそ団体さんや
個人預かり、里親さんにも迷惑がかかるのではないでしょうか?
2008-10-17 12:38 | 猫魂 | URL  [ 編集 ]

 

はじめまして。
ずっと心配していたKOTO猫の報告、いつもありがとうございます。ブログ開設以来毎日拝見させていただいています。

ぶーめぐさんはライフキャッツの頃からペルシャ達のために活動をなさっていたと何処かで読みました。猫たちを直接知らない私でさえ、猫を預かれないことに胸が痛むのですから、直接会いに行っているぶーめぐさんのお気持ちは如何ばかりかと拝察いたします。
住環境、家族の状況、保護猫のキャパ…。みんな其々預かれない理由があるのだと思います。
私も家族が入院中ですので、預かりは出来ないけど、今、自分が出来ることをしています。
寄付でも物資支援でも、今の自分に出来ることをする。ぶーめぐさんは、それがこのブログなんだと思っています。そして、このブログに感謝している人間がここに一人いるよ、って言いたくて、長々と書いちゃいました。
ぶーめぐさん、どうかお体ご自愛くださいね
2008-10-17 16:52 | ふみふみ | URL  [ 編集 ]

コメントありがとうございます。 

猫魂さま、ふみふみさま

お二人とも、猫たちのことを心配してくださり、ありがとうございます。
ふみふみ様が書かれたとおり、Lifecats活動当時、現場の猫のお世話の手伝いをしていました。8月末になり、やっとKOTO猫の活動を手伝うことが出来るようになりました。

調布シェルターで保護された猫たちは、個人のお宅ということもあり、なかなか立ち入って写真を撮ることも出来ませんでしたが、ネット上での里親募集には新しい写真や情報は必要ということにご理解をいただき、やっと今月からブログで少しずつではありますが、紹介できるようになった次第です。
おそうじの手伝いに行った日には、晩御飯を用意していただくなど、却って気を使わせてしまい、申し訳ないような状況で、猫たちには会いたいのですが、あまり頻繁にお手伝いに行くのも憚られます。

預かりに関しては、命あるものをあずかるのは、責任が伴います。しっかりと面倒を見られる環境がないのに、安易に預かりとして手をあげることは、却って現在お世話をしている方にご迷惑となることもありますので、慎重に考えさせていただいております。自分自身の仕事の都合、猫ボランティア経験の浅さなどもあり、正直どのようにしたら良いのか、迷っているところです。
気持ちとしては、1頭でもいいから、人なれしていない子の預かりをして、その子が里親さんを見つけて幸せになるお手伝いをしてみたいと思っています。

また、このブログを見て、この子を応援しています、などと書いてくれる方などもいらっしゃいます。里親様候補との出会いになるかもしれないと思い、これからも少しずつ続けて行きたいと思いますので、見守って下さいます様よろしくお願いします。
2008-10-17 21:03 | ぷーめぐ | URL  [ 編集 ]

 

猫魂サンはkoto猫さんからの子を何匹か亜づかってお世話している人なんでしょうか。そうだとしてもぷーめぐさんを非難するのは間違っていると思います。
善意で行動されているボランティアさんであって、それだけでも頭が下がるのに御自分出でできると思う以上のことに責任を感じる必要があるのでしょうか。

2008-10-18 13:48 | さくら | URL  [ 編集 ]

 

みなさん勘違いしてません?
ぷーめぐさんはKOTO猫の人でしょ・・

だから 猫魂さんは
よそ団体に頼る前にKOTO猫さんのなかで
まず預かってシェルターの頭数を減らしてあげたら・・って書いてるんだと思うけど。

よそ団体さんはボラさんたちが結構預かりや里親になってるのに・・
KOTOさんは代表はじめ自分たちで預かりすらやらないのか・・それでよそ団体に頼るのはどうか?
内部でできることやってから頼れば・・
っていいたいんじゃない?
2008-10-18 23:15 | ちびにゃん | URL  [ 編集 ]

コメントありがとうございます。 

さくらさま、ちびにゃんさま

そうですよね、人に頼む前に自分たちで預かったら、と思われるのも、もっともです。
KOTO猫にかかわっている人で、預かりをしたり、それに伴う医療費を肩代わりできる方がいればよいのですが、自分を含めて現在のメンバーでは難しい状況です。
私もKOTO猫にかかわってる一人として、自分が出来る範囲での協力をしようと思っています。なんで、その程度しかやらないんだ、って思われる方も当然いらっしゃると思いますが、ボランティアというのは、人それぞれに出来ることに限界があります。
自分が出来る小さなことだけでも、申し出て協力する、のも、ありなんではないかな、と思います。
私は、会計のレシートをまとめたりすること、あとはブログで猫の様子を知らせること、予定が合えば調布シェルターのお世話、少し物資を送る、程度のことをしています。
2008-10-19 02:28 | ぷーめぐ | URL  [ 編集 ]

 

猫魂さん、ちびにゃん産。私はあなたたちのように責任感がないのでよく解りません。ボランティアをするということはそこまでしなければいけないということなのですか。(ぷーめぐさん、せっかくのプログを穢してごめんなさい)
2008-10-20 20:22 | さくら | URL  [ 編集 ]

 

さくらさん

ボランティアですから自分のできる範囲でよいと思いますが責任感は必要だと思います

ただ、今回の件はぷーめぐさんにだけいってるのでは無いのではないでしょうか
KOTO猫さんは大々的に名乗りを上げて飼い主さんの代理人として動いているはずです。支援金や物資も募っています。責任は生じていますよね
お金が無いから出来ない・・はいいわけでしょう。
よそ団体も自分たちでお金を出し合って
すすめていますよ

でも、よそ団体が出てきてからブログの更新もHPの更新もほとんど無く、ケアや預かりも自分たちの中では進んでいる様子が無いですよね

KOTO関係者のブログなので、内部でもっと頑張ったら・・というコメが入ったのだと思いますよ
2008-10-21 12:57 | ちびにゃん | URL  [ 編集 ]

プロフィール

ぷーめぐ

Author:ぷーめぐ
白黒ぷーちゃん8歳と、三毛猫めぐ7歳。
おんにゃのこ2匹と暮らしています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

こちらもご覧ください
いつでも里親募集中 東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ 世田谷区の虐待事件、 2011年2月、再発してしまいました。 ちいさなチカラ~猫エイズと白血病…だけど生きてる。
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
おかいもの
検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。